2013年05月20日

ソフトバンクの夏モデル

201305071646116df.png

毎回感じるけど、新製品発表の段階ではソフトバンクが圧倒的に勝ってる。


ハイスペックの2機種とロースペックの2機種。

絞り込みに成功しています。

206sh.jpg
AQUOS PHONE Xx 206SH(シャープ)
ソフトバンクとしては初のフルHD液晶に業界初のフルセグチューナーを搭載したフラッグシップモデル。5.0インチの液晶ディスプレイはIGZO搭載液晶ではないが、同様に省電力性に優れたS-CG Silicon液晶を採用する。ボディは背面の角をラウンドさせ、持ちやすくした形状で、手に持った印象は従来モデルとほぼ同等か、少し幅が広い程度のレベル。フルセグの電波状態が良くないときは自動的にワンセグに切り替わるしくみが実装される予定。カメラのレンズもF値1.9とかなり明るく、暗いところでの撮影にも強い。音量キーが前面のタッチセンサーになっているところなどは好みが分かれるかもしれない。

202f.jpg
ARROWS A 202F(富士通)
ARROWS Aの第3弾。ソフトバンク初のフルHD液晶搭載、フルセグチューナー搭載のAndroidスマートフォン。富士通製端末ではおなじみの指紋センサーを背面に搭載し、プライバシー保護機能により、独自のNX!メールを使うことで、特定の相手からのメールを隠すといった使い方もサポートされる。本体には固定式の3020mAhの大容量バッテリーが内蔵され、富士通ならではのヒューマンセントリックエンジンによる省電力機能を活かすことにより、ライバルを意識した「2日以上」の連続使用を実現する。本体は薄さ9.8mmとなかなかスリムで、手に持った感触は男性向きのサイズ感であるものの、薄くて持ちやすいという印象だ。ブルーなどのカラーは背面がマット仕上げになっており、指紋などの汚れが付きにくい。RAMの2GBに対し、ROM(内蔵ストレージ)は最高クラスの64GBを搭載するなど、スペック的にも充実しており、もう1つのフラッグシップモデルとして、非常に期待できるモデル。

205sh.jpg
AQUOS PHONE ss 205SH(シャープ)
約4インチのディスプレイを搭載し、幅60mmというコンパクトなボディにまとめられたモデル。背面全体をラウンドさせ、ボディ周囲も角を落とすことにより、女性などの手の大きくない人にも非常に持ちやすく、かわいいデザインに仕上げている。背面はシルキーマット仕上げで、指紋などが残りにくくなっているのも好印象だ。おサイフケータイやワンセグなどの日本仕様もすべてサポートする。PANTONE 107SHに搭載された放射線測定機能が継承されているが、従来モデルよりも大きな新設計のセンサーを搭載することにより、測定時間を半分に短縮している。カラーバリエーションが5色と豊富で、幅広いユーザーにおすすめ。

202k.jpg
DIGNO R 202K(京セラ)
世界最軽量94gを実現した防水スマートフォン。マグネシウム合金によるフレームと0.4mmの薄型ガラス、固定式の1800mAhのバッテリーなどにより、この軽さを実現している。京セラ製端末でおなじみのスマートソニックレシーバーを搭載しているため、本体前面はほぼフラットで、背面側はマット仕上げが採用されている。microSDメモリーカードが外付けなど一部制約はあるが、おサイフケータイなどの日本仕様も一通り揃っており、非常に内容が充実したモデルだ。


私は携帯を仕事中も持ち歩くので、なるべく小さくて軽いのがいいんですが、京セラ端末が小さくて軽くて良い感じ。メモリーカードが外付けって本当ですかね?公式ページでは外部メモリ対応となってますが。バッテリーが(持ち込み修理でしか)交換できないってのはマイナスポイントですが。

まぁこの夏モデルの205SHと202Kのどちらかか、モトローラにしようかと思います。

201M.png

それかiPhone
posted by さざん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。