2013年05月22日

ドコモ正気か?

スクリーンショット 2013-05-17 2.56.04.png

ドコモの夏モデルでとんでもない発表がありました。


「ドコモの顔となる“ツートップ”、ぜひご検討を」──NTTドコモが5月15日発表した2013年夏モデル11機種のうち、「GALAXY S4」と「Xperia A」(エース)の2機種を「この夏自信を持ってお勧めできるツートップ」(加藤薫社長)としてプッシュ。2機種については最大2万円引きで販売するなど販促費も積み、人気機種に価格競争力を組み合わせてKDDI、ソフトバンクモバイルのiPhoneに対抗する。

元々人気のあるギャラクシーとエクスペリアを値下げして(奨励金を上乗せして)販売。実質価格は1万円程度になるそうで、他メーカー品は富士通やシャープは2万円、さらにその他のメーカーは3万円台での販売になるそうです。明らかな売上操作ですが、何の目的があるんでしょうか。

ドコモの発表によると、販売価格に差をつけることでメーカーを競わせ、国内勢の競争力向上を促すそうです。言ってる意味がわかりません。詳しくスペックを見ていませんが、ギャラクシーとエクスペリアはフラッグシップ機でしょうし、人気も機能も下回る国内メーカー品が1万も2万も高ければ売れる訳ありません。ドコモは売る気はないんでしょうが、こういうことを堂々と発表されたらメーカーはどういった心境なのでしょうか。

ドコモみたいに大きな会社が血迷ってこんな事をやっってるわけがありません。何か大人の事情があるはずです。こりゃあもしかして・・・。


茸「ほら、販売台数操作出来ますよ!」

林檎「ほう」

茸「サムソンは1万です、おたくなら0円でいきます!」

林檎「それなら・・・」


いやぁ、ありえんはなしでもないでしょうに。
posted by さざん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。